サイト内リンクの設定/ウェブサイト名などの表示 – [08]WordPressテーマ制作レッスン

このレッスンでは、サイト内に作られているグローバルメニューのリンクを設置していき、他にウェブサイトの情報などを出力するテンプレートタグを設置してきます。

目次

動画

レッスンの準備

GitHub
Olein-jp/wp-theme-develop-lesson
Olein-jp/wp-theme-develop-lessonContribute to Olein-jp/wp-theme-develop-lesson development by creating an account on GitHub.

このレッスンでは、上記リポジトリのwp-lesson-08というディレクトリにあるファイルを使って学習を進めていきます。

WordPressのルートディレクトリにあるwp-contentの中のthemeswp-lesson-08ディレクトリを設置しましょう。

サニタイズ(無害化)とは

WordPressで文字列などを出力する際には、それらを適切にエスケープ処理(=サニタイズ処理=無害化)する必要があります。

WordPressには様々なテンプレート関数が用意されていますが、例えばタイトルを出力するものにthe_title()get_the_title()というものがあります。

the_〜というのから始まっているテンプレート関数に関しては、WordPress側でecho処理を行なっている関数なので、設置をするだけで出力させることができます。これらにはサニタイズ処理は必要ありません。

ですが、get_〜というのから始まっている関数については、echo処理をこちら側でやらなければならないので注意が必要です。

home_url()の無害化はesc_url()

今回利用する、ウェブサイトのURLを出力するテンプレートタグhome_url()は、URL文字列を出力してくれるので、esc_url()という関数を利用して無害化を行います。

使い方としては、

<?php echo esc_url( home_url() ); ?>

という形で利用します。

利用できる引数

home_url()で利用できる引数ですが、https://sample.comというウェブサイトであるとすれば、

<?php echo esc_url( home_url() ); ?>

このように記述した場合には、

https://sample.com

と出力されます。そこに引数を以下のように設定すると、

<?php echo esc_url( home_url( '/' ) ); ?>

出力される文字列は、

https://sample.com/

となります。

他にWordPressウェブサイトの情報を出力できるテンプレートタグ

ウェブサイトの名称やキャッチコピーなどの出力には、bloginfo( 'name' )bloginfo( 'description' )などを使います。

他にも出力できる情報はたくさんありますので、こちらのドキュメントなどを参照して確認してみましょう。

あわせて読みたい
テンプレートタグ/bloginfo - WordPress Codex 日本語版

他にも便利なテンプレートタグはたくさんあります。ぜひ色々と試してみて、思い通りのカスタマイズができるようチェレンジしてみてください!

あわせて読みたい
テンプレートタグ - WordPress Codex 日本語版

まとめ

今回は、ウェブサイトの名称やキャッチコピーなど情報を出力させてみました。色々なテンプレートタグがあるので、気になったものは色々と実験してみましょう!

以上でこのレッスンは終わりです。引き続き、WordPressテーマ制作レッスンを進めていきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

Web制作系フリーランスです。岐阜地域のWordPressやCoderDojoのコミュ二ティ活動に参加しています。最近は映像やカメラにも力を入れています。やんちゃ坊主たちの父親もやっています。

目次
閉じる